食品製造業スキルアップ事業「商品改良実践塾」の開催

支援センターでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、著しく変化する「消費者ニーズ」「商品トレンド」等の業界動向を学ぶとともに、商品コンセプトを見直し、市場にマッチした商品にブラッシュアップすることを目的とした「商品改良実践塾」を開催しています。

7月28日(水)に第1回目を開催し、コロナ禍における市場環境を学びました。

[キーワード]簡便即食

[トレンド]こだわり系(ご当地、ブランド)、徳用大袋、家のみ(珍味、つま缶)

[消費動向]2極化(6割以上の世帯で食費が増加)

大容量商品の売上増。計画購買率上昇(レシピ検索率増加、必要なもののみ購入)

こだわり商品の需要増加(ご当地等の付加価値商品)

 講師の推測では、市場環境が以前のように戻ることはなく、消費動向が大きく変化することはないとのこと。コロナの影響で商談ができないため、小売店は商品提案を待っている状態であり、地方メーカーの商品に販路拡大のチャンスありとのことでした。

本事業を通じて、出雲市内で製造された商品が、一つでも多く取引に繋がるよう支援できればと思います。販路開拓・拡大にお困りの方、是非、支援センターにご相談ください。

0803ブログ画像.jpg

TOKYO 2020

賛否両論の東京オリンピックが開幕しました。

「日本」の連日の金メダルラッシュで盛り上がっている東京オリンピックですが、

東京での新型コロナウイルス感染者も拡大しているのが気になります。


金メダルの中でも、ソフトボールの金メダルは特に盛り上がりましたね。

テレビ中継の瞬間最高視聴率は46%だったとか。

2019年に出雲ドームでオリンピック代表の強化合宿を行った選手たちが

金メダルを獲得したのですから、出雲市民も大いに盛り上がったと思います。


「SOFT JAPAN出雲キャンプ実行員会」委員長の言葉のとおり、

金メダルを勝ち取った選手たちの出雲への凱旋が実現し、

実物の金メダルを出雲の子どもたちに見せてもらえたらいいな、と思います。


個人的には、ロンドンオリンピック女子柔道の金メダリスト「松本薫さん」の

解説にはまっています!(笑)

ブログ画像1.png ブログ画像3.png.crdownload


オリンピック観戦のお供に、おいしい出雲はいかがでしょうか。

もうすぐ、オリンピックが始まりますね。

スポーツが得意な方も、苦手な方も、4年に1度の祭典は心が浮き立つものではないかと思います。

コロナの災禍により延期となった本大会。

いろいろなことがありましたが、せっかく開催されるオリンピックを楽しみたいものです。

コロナ禍であっても、テレビで観戦することはできるので、連休中ご家族で観戦される方も多いのではないでしょうか。

 スポーツ観戦に欠かせないのが、おいしい食べ物、飲み物ですね。

出雲推奨商品「おいしい出雲」ガイドブックでは出雲の特産品をご紹介しています。

(21世紀出雲産業支援センターホームページでも、商品のご紹介をしています。検索はこちらから!)

ご家族で一緒にお召し上がりになるもよし、遠方にお住まいのご親戚に贈られるもよし、です。

この機会にぜひ、地元の特産品のおいしさを再発見しつつオリンピックを楽しんで、おいしく、楽しく、

素敵な連休をお過ごしください。

表紙.png おいしい出雲マーク.jpg