山の管理

 ゴールデンウィークもあっという間に過ぎましたが、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。とは言っても、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のための非常事態宣言発令下ということもあり全国的に「ステイホーム」の連休だったのではないかと思います。

 私も、連休中は日用品の買い物以外は家にいたのですが、今年の連休は、自宅の裏にある山の草刈りをしようと決めていました。

田舎あるあるだとは思うのですが、田舎に住んでいると昔から代々引き継がれる土地などの中に山も含まれていることがあります。この山ですが、本当に厄介者なのです。放置してしまうと雑草や竹などがあっという間に成長し、隣家の敷地まで侵食していくのです。それが原因で、過去に近所トラブルになったことも・・・そうならないよう年に4回ほど草刈りを行うのですが、範囲も広いうえに急斜面の箇所も多々あり、エンジン式草刈り機を使用しての作業は常に注意を払わなければなりません。作業時間もほぼ半日かかり、労力と時間と維持費を考えると正直手放してしまいたいといつも考えています。しかし、手放そうにも場所が郊外であるため、売ることはおろか引き取ってもらうこともできません。

 山を管理することが、いかに大変かということを改めて実感させられた連休となりました。今後も怪我のないよう、うまく厄介者と付き合っていきたいと思います。


0512ブログ画像.jpg

企業を応援したい。個人で出来ること。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、各自治体における外出自粛・休業要請などの緊急事態措置が実施され、日常生活や経済活動に大きな影響を及ぼしています。

当支援センターでは『企業のためにできること』を考え、企業支援に取り組んでいますが、今日は個人単位で地元の企業を支援、応援する取り組みを紹介します。


新型コロナ経済対策掲示板『緊急在庫処分SOSしまね!』

 過剰在庫を抱えた島根県内企業の売上の回復、販路の確保を目的としたホームページです。

 飲食店や企業の【今月中に、今週中に、今日中になんとかしたい商品を​「値下げをせずに」、何とか手助けできたら】と有志によってホームページが立ち上げられ、乳製品、海産物、お土産品等の販売情報が掲載されています。

 また、掲載依頼も出来ますので、過剰在庫でお困りの企業の方は、お問い合わせいただくことをお勧めします。

  ホームページ:『緊急在庫処分SOSしまね!』 www_time-limit-sos.png  


山陰クラウドファンディング『てごすーよ山陰』

 飲食店の支援を目的に、有志によって立ち上げられたクラウドファンディングページです。

 応援したい飲食店と金額を選択して支援することが出来、応援したい飲食店が未掲載の場合、追加掲載の申請も可能です。

  ホームページ: 『てごすーよ山陰』 tego.png


❏ おうちごはん向上委員会 @ 出雲

 「おうちごはん」を楽しく彩るテイクアウトや配達可能なお店の情報をシェアしつつ、苦境に立たされている地元飲食店を応援するfacebookグループです。

  FBページ:『おうちごはん向上委員会 @ 出雲』 94314737_1573422126160552_1409389163085561856_o.jpg


❏ 『#出雲エール飯』

 出雲の飲食店のテイクアウト商品をSNSへ投稿して紹介するプロジェクトです。

 飲食店、購入者が「#(ハッシュタグ)出雲エール飯」をつけて投稿し、テイクアウト商品を紹介しています。

 ale.jpg


感染拡大の終息が見えず厳しい日々が続きますが、個人が今出来ることを考え、皆で協力してこの苦境を乗り越えましょう!

在宅ワークのススメ

新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない中、皆さまも不安な毎日をお過ごしのことと思います。

また、感染された方には心よりお見舞い申しあげます。

今回の一件で注目されるようになったことのひとつに、『在宅ワーク』があります。

感染拡大予防のために、事業規模に関わらず、企業の皆さまには是非『在宅ワーク』導入を検討していただきたいと思います。

今回は、『在宅ワーク』を導入するにあたりどんな準備が必要か、簡単にご紹介したいと思います。

1.最低限必要な環境を社員の自宅に揃える。

 スマートフォン+ネット回線

 ②パソコン

 ③作業場所

2.在宅でできる業務、出社しないとできない業務を仕分ける。

  (仕分けをしておくことで、できる限り事務所滞在時間を減らすことが目的です。)

 在宅で可能な業務:報告・連絡、会議・打ち合わせ など

 出社が必要な業務:書類作成、社内システムや専用ソフトへのアクセス など

以上が大まかな準備です。

また、細かい準備として、就業規則・労使協定の変更や、社員・外部への周知、厚生労働省が定める在宅ワーク基準に沿った対応(例:机上の照度300ルクス以上 など)が考えられます。

以下、『テレワーク(※)』に関するお役立ちリンク集やお近くの支援機関等を活用してください。

※『テレワーク』とは、『離れたところで働く』という意味で、『在宅ワーク』は『テレワーク』のひとつです。

~『テレワーク』に関するお役立ちリンク集~

レノボ・ジャパン合同会社「テレワークスタートガイド」

 レノボが無償でテレワークのノウハウを公開しています。

厚生労働省「テレワークポータルサイト」

 テレワーク開始に係る助成金情報も掲載中!

テレワーク相談センター

 →厚生労働省委託事業。電話相談も可能。

一般社団法人日本テレワーク協会

 →テレワークお役立ち情報の総まとめ!

zaitaku_telework_woman.png