まめ・豆

暦の上では春ですが、2月・・・まだまだ寒い日は続きます。

 先日は、節分で豆を食べたり、豆まきをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 その豆と言えば大豆!弟分の若い豆が枝豆、お兄さんはもやし、そして子どもたちはさまざまに加工された大豆食品がこんなにあります。

   蒸す・煮ると  水煮・ドライパック・煮豆  

それを発酵させて 味噌・醤油・納豆

   絞ると  豆乳・おから  さらに固めると  豆腐  

それを揚げると 油揚げ  

   固めると 凍り豆腐

   煎ると  煎り豆   それを挽くと  きな粉

まわりにある大豆の加工食品、口にする日は多いですよね。

こんな大豆もほとんどはアメリカ、カナダ、ブラジルなどの輸入がほとんどで、日本の自給率は

わずか7%。「国産大豆を使った○○」とうたった商品を目にする機会は多いですが。

さあ、豆腐の入ったあったかい味噌汁を吸って、今日も一日が始まります。

大豆.jpg 大豆2.png

世界三大スポーツイベント!

今年もアッという間に一月が過ぎました。

実は今日2月5日は、旧暦の正月元日です。

昨日旧暦大晦日から出雲大社神楽殿大広間に「おこもり」をして、旧正月元旦午前1時から執り行われる「福神祭」にお参りして「福縁」を授かられた方も多いと思います。

このお祭、神楽殿内に張り巡らされた注連縄の「紙垂(しで)」を取り合い、五穀豊穣のお守りや家内安全、商売繁盛のお守りにする「しで取り」や「福神純金御像」をはじめ、豪華な副賞が当たる「福授け抽選」も行われます。


さて、みなさんは、世界三大スポーツイベントといえば何か分かりますか?

「オリンピック」、「サッカーワールドカップ」、「ラグビーワールドカップ」をいうそうです。

今年9月からは「ラグビーワールドカップ」、来年8月には「オリンピック」がいずれも日本で開催されますね!

世界三大スポーツイベントが国内で観戦できるチャンスは人生最後かも?ということで、1月19日に行われた「ラグビーワールドカップ2019日本大会」観戦チケット一般販売に挑みました。

朝10時からインターネット上の公式チケット販売サイトで先着順の販売だったのですが、朝10時の時点でなんと2万8千人待ち!2時間30分待って自分の順番になった時には、お目当ての試合のチケットは完売していました。残念。

実は、1年前には抽選申込みが行われ、半年前には抽選にはずれた人向けの先行販売も行われていたのですが、その情報を知らず、今回の一般販売一発勝負でした。チケットが取れなかったのも自業自得といったところでしょうか。

今回の失敗を教訓に、「東京オリンピック2020」の観戦チケットはぜひ入手したいところ。

こちらは1月30日にチケットの販売方法等が大会組織委員会から発表されました。

それによると、全33競技と開閉会式のチケットは、今年4月以降にインターネット上の公式チケット販売サイトで抽選申込みの受付を開始するそうです。そして今秋には公式サイトで先着順の販売もスタートするとのこと。

今度こそ、抽選から参加しチケットをゲットしたいものです。みなさんもご準備はお早目に!

スポーツ.jpg スポーツ2.png

おさるのジョージ

子どもが1歳を過ぎた頃から、NHKの教育番組”Eテレを見るようになりました。

 自分が子どものときに見ていた感覚とは違う視点で見れる面白い番組がたくさんあります。

 中でも私が興味深く見ている番組は、「おさるのジョージ」(毎週土曜日 朝8:35~放映中)です。


黄色い帽子のおじさんと一緒に住んでいるジョージは、とにかく好奇心がいっぱいで、身の周りで起こる不思議なことはなんでも調べたがる性格です。

それゆえ、部屋を散らかしたり、物を壊すこともしょっちゅう。

ですが、おじさんはほとんど怒りません。

なぜなら、悪気のあるものではなく、考えてやったことがうまくできないだけだと分かっているからです。さらに、解決へのヒントを与え、ジョージは達成感を味わいます。

ジョージの失敗に負けずに考えぬく姿勢と、おじさんの深い愛情にはいつも感心させられます。

特に、おじさんの心の広さが際立つ回を見た後は、自分と重ね合わせ、子どもが散らかしてもすぐに怒らず好奇心を大事にしてあげようと、決意が新たになります。

しかし現実は、2歳を控えた息子のやんちゃぶりに「も~」「こら~」が止まりません。

日々是精進。

Eテレは、大人にも何かを考えさせてくれます。皆さんも良ければ見てみてください。