出雲そばの名店

立冬」を過ぎ、暦の上ではもう冬。皆さまいかがお過ごしでしょうか。


秋から冬にかけては、いろいろな食べ物が収穫(獲)期や旬を迎え、食卓でも季節を感じることが出来ますが、今日はその中から、今まさに旬を迎えている「新そば」を味わえる出雲そばの名店をご紹介します。


JR出雲市駅から徒歩約10分。出雲市役所西側にある『そば処 喜多縁(きたえん)さんです。

観光客よりも地元住民が多く立ち寄るエリアに立地し、開店は2年前と比較的歴史は浅いですが、昼食時はいつも満席と、早くもリピーター続出の人気店です。

consul1.jpg


味の特徴は、何と言っても店主こだわりの自家製手打ち麺。

「そば」本来の味を楽しめるモチモチ感のある麺は、香り、のど越し、味のいずれも優れた逸品です!


出雲と言えば独特の食べ方が有名な「割子(わりご)そば」が一般的ですが、地元民の間では冬は温かい「釜あげそば」の人気が根強く、喜多縁さんでは、『どちらも食べたい!』という欲張りな願望を叶えてくれる『そばりえセット』(割子2+釜あげ2/3人前)という魅惑的なメニューがあります。

sobaeri.jpg


その他、温かい鴨汁中に冷たいお蕎麦をつけて食す『鴨汁せいろ』や、サクサクの揚げたて天ぷらをふんだんに使った『天丼』(割子セットもあります。)などがオススメです。

2.jpg 1.jpg


地元民に愛される名店で、旬の「新そば」を是非ご堪能ください!

人気モデルさんが訪れた市内企業・・・!

桜.jpg


最近何気なく、写真投稿サイトInstagramを見ていた時のお話。
元セブンティーン専属モデルで、今もファッション・美容誌のモデルはもちろん、編集長やデザイナーとしての顔も持つ鈴木えみさんの投稿の中に“島根”や“出雲大社”とタグ付けされた写真の数々が・・・!
記事を読み進めていると、旅の詳細がブログにアップされているとの文章があったのでこれは見なければ!と早速ブログへ。


記事を見ると、出雲市内では昔からお馴染みのお店『別所蒲鉾店』さんへ訪れた事が書かれていました。
化学薬品・化学調味料などを一切使用していない商品が魅力の『別所蒲鉾店』さん。
ブログには、実際にオリジナル天ぷらとちくわ作りを体験された様子が写真と共にアップされています。出来立てのホクホクした感じや香りが伝わってくるほど美味しそうです!
(ぜひ検索してみてください✨)


こうやって多くの人が閲覧する場で出雲市内の企業が取り上げられるのはとても嬉しいことですよね!個人的に、私自身鈴木えみさんの大ファンなので余計に嬉しかったです!

これからも色んな形で出雲市内の企業がよりたくさんの方々へ知られていったらいいなぁと感じる出来事でした。