職業人講話

早いもので、令和2年度も残すところあと1週間となりました。

日中の気温もだいぶ温かくなり、桜の見頃まであと少しといった感じがします今年度は新型コロナウイルスの影響で、いろいろなイベントや事業が中止・延期となり、思うようなことができない1年に感じましたが、だからこそ、普段何気ない出来事でもありがたいと改めて思える1年でもありました。

さて、先日、出雲商業高等学校で、職業人講話が開催されました。出雲市内の各企業が、生徒の皆さんの前で自分の仕事についてお話をさせていただくものでした。私は、人前で話すのは、大の苦手な上に、学生の方の前で話をすることも初めてだったので、とても緊張しました。

当センターのことを知らない生徒の方がほとんどだったのですが、当センターの概要、仕事内容、出雲商業高等学校とのつながりについてなどお話させていただきました。

 話が思うように伝わったか不安でしたが、後日、生徒の方から、「地域振興とはどのような仕事か知ることができた。」「自分が将来やりたいことがはっきり見えてきた。」などの感想をいただき、嬉しかったです。

来週には新年度が始まります。新年度も出雲産業支援センターは、企業の皆さまのお悩み・課題解決に、少しでもお役に立てるよう、企業間のマッチングや販路・事業展開拡大支援、相談活動などに努めてまいります。

引き続きよろしくお願いいたします!!


0323ブログ画像.jpg