新型コロナウイルス感染症拡大に伴う食品市場の動向

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている市内食品製造事業者の皆さまに、首都圏を中心に営業活動するバイヤーから、アドバイスをいただきましたので、一部をご紹介します。

○通販サイト運営事業者

[販売状況]直近は落ち着いてきているが、水・米・レトルト食品・乾麺・粉類が非常に好調。

また、自宅で贅沢ご飯という需要から、売価高めの肉や海産物が良く売れている。

[期待できる商材]コロナ太り解消系・健康系の商品、発酵食品(免疫力UP

[アドバイス]首都圏ではリモート会議や商談が日常になっているので、「オンライン」を活用した

営業活動の準備が必要。支援センター経由で、随時商品提案を受付。

○卸売事業者

[販売状況]食品専門スーパーでは、在宅日数・時間の増加に伴い「簡便・利便」「簡単・時短」等の巣ごもり需要の商品が売行き好調。

[期待できる商材]今後は大容量商品・低価格帯商品にシフトすると考える(冷凍食品が中心となる)。

[アドバイス]非日常商品でも販売チャンス有り。産地生産者・製造者の「顔」が見え(安全安心)、

簡便性ある商品づくりが重要。支援センター経由で、随時商品提案を受付。

小売店や業界団体等から、多数アドバイスをいただいています。バイヤーからのアドバイス、商品提案を希望される方は、支援センターまでご相談ください。

0714ブログ画像.jpg