在宅ワークのススメ

新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない中、皆さまも不安な毎日をお過ごしのことと思います。

また、感染された方には心よりお見舞い申しあげます。

今回の一件で注目されるようになったことのひとつに、『在宅ワーク』があります。

感染拡大予防のために、事業規模に関わらず、企業の皆さまには是非『在宅ワーク』導入を検討していただきたいと思います。

今回は、『在宅ワーク』を導入するにあたりどんな準備が必要か、簡単にご紹介したいと思います。

1.最低限必要な環境を社員の自宅に揃える。

 スマートフォン+ネット回線

 ②パソコン

 ③作業場所

2.在宅でできる業務、出社しないとできない業務を仕分ける。

  (仕分けをしておくことで、できる限り事務所滞在時間を減らすことが目的です。)

 在宅で可能な業務:報告・連絡、会議・打ち合わせ など

 出社が必要な業務:書類作成、社内システムや専用ソフトへのアクセス など

以上が大まかな準備です。

また、細かい準備として、就業規則・労使協定の変更や、社員・外部への周知、厚生労働省が定める在宅ワーク基準に沿った対応(例:机上の照度300ルクス以上 など)が考えられます。

以下、『テレワーク(※)』に関するお役立ちリンク集やお近くの支援機関等を活用してください。

※『テレワーク』とは、『離れたところで働く』という意味で、『在宅ワーク』は『テレワーク』のひとつです。

~『テレワーク』に関するお役立ちリンク集~

レノボ・ジャパン合同会社「テレワークスタートガイド」

 レノボが無償でテレワークのノウハウを公開しています。

厚生労働省「テレワークポータルサイト」

 テレワーク開始に係る助成金情報も掲載中!

テレワーク相談センター

 →厚生労働省委託事業。電話相談も可能。

一般社団法人日本テレワーク協会

 →テレワークお役立ち情報の総まとめ!

zaitaku_telework_woman.png