スマイリング・シンデレラ快挙達成!

ゴルフの全英女子オープンで岡山市出身、20歳の渋野日向子(しぶのひなこ)選手が初出場初優勝し、日本勢では42年ぶりの海外メジャー制覇を達成しました!

「笑顔」を絶やさずプレーする姿から、海外メディアは「スマイリング・シンデレラ」という愛称で報じました。試合の最中でも「笑顔」で対戦相手やファンに接する人柄を評価するメディアもあり、英国のファンはすっかり渋野選手に魅了されたようです。

実は渋野選手、以前はミスをしてスコアを落とし、さえない表情を繰り返していたため、「笑顔」で精神面を改善し、強さを引き出したとのことです。

一方、吉本興業所属のお笑い芸人が、反社会勢力の会合に参加したことをきっかけに騒動が続く吉本問題。吉本興業は、笑いやエンターテイメントで人と人を「笑顔」でつなぎ社会を豊かにし、人びとの「笑顔」の輪を世界中に拡げていくことを社会的役割としています。早く騒動を解決し、吉本のお笑いで人びとを「笑顔」にしてもらいたいものです。

さて、渋野選手がラウンド中に食べていた駄菓子が話題となり、問い合わせが殺到しているとのこと。これは、駄菓子「タラタラしてんじゃね~よ」スティックタイプで、山梨県中央市にある「よっちゃん食品工業」が製造しています。2005年に発売され、1個100円で、おやつやおつまみとして人気です。

渋野選手、次の試合では、出雲のお菓子をラウンド中に食べてくれないかな~

0806ブログ画像.jpg