日本の節句

皆さん、七夕はいかがお過ごしになりましたか。七夕の由来は、織姫と彦星の星物語から始まります。新暦の77日は梅雨のさなかで星空もよく見えないかもしれませんが、旧暦の七夕は現在の8月なので夜空もきれい。月遅れで東の空を見あげてみてはいかがでしょう。

さて、日本では、人日(じんじつ)、上巳(じょうし)、端午(たんご)、七夕(たなばた)、重陽(ちょうよう)を五節句と呼び、無病息災、豊作、子孫繁栄などを願っています。今回は、少し馴染みの薄い、重陽(ちょうよう・99)の節句について、調べてみました。他の節句と同様、中国から伝わったとされていますが、奇数は、陽を表すもので縁起が良いとされており、3月3日は桃の節句、5月5日は端午の節句というように奇数の日に邪気払いを行うようになりました。九の数字は、陽が極まった数字とされ、九が重なった9月9日は重陽の節句となったようです。縁起がとても良いという反面、陽が強すぎて不吉な日であるという考えもあったため、当初はお祝いでなく、厄払いの意味合いが強く、古来より薬草として用いられてきた菊を使用し不老長寿、繁栄を願っていたようです。時代が過ぎると共に、陽が重なることは吉であるという考えが根強くなり、重陽の節句は祝い事へ変化したようです。

重陽の節句は、菊を鑑賞して菊酒などを楽しみながら無病息災、長寿を願うものです。菊花は天皇家の家紋でもあります。五節句の中で一番重要な節句なのかもしれませんね。昔からの伝統文化を、これからの未来に繋いでいくためにも、家族みんなで楽しんでみてはいかがでしょう。

0709ブログ画像.jpg