運を拾う

降り過ぎても降らなすぎても困る雨。

中国地方も昨年より21日遅い先週の26日頃、梅雨入りしました。

梅雨入りしたばっかりなのに、梅雨明けが気になります。昨年は79日頃に梅雨明けしたようですが、気象庁の情報を見ると平年721日頃のようです。

梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期でもありますが、田畑にとっては重要な時期です。そして私たちの生活にも・・・雨が続くと洗濯物が乾かない・部屋がジメジメするなど、少なからず影響があります。が・・・この時期だからこそ出来ること、楽しみ方を見つけて、約1ヶ月の梅雨期を過ごしたいものです。

話は変わりますが、エンゼルスの大谷翔平選手が613日の敵地レイズ戦で日本人史上初となるサイクル安打を達成しました。そして先週27日には、昨季に続く2年連続2桁本塁打を達成しました。本当にすごい選手です。

その大谷選手、グラウンドにゴミが落ちていると意識して拾うようにしているのだそうです。なぜだと思いますか?

大谷選手は「なんでゴミを拾うのか・・・」と聞かれると「人が捨てた幸運を拾っている」と答えたそうです。ゴミを拾うことは、幸運 よい運を拾うことになると考えているのです。このような一つの振る舞いが大谷選手の活躍に繋がっているかもしれません。

大谷選手の行動は、ある意味プラス思考であり、野球や生活を楽しんでいるように思われます。

プラス思考の人は、体の調子も良くなり、長生きをするという研究結果もあるようです。

私も、「プラス思考で運を拾うこと」意識していきたいと思います。