2020年の祝日

 いよいよ新元号「令和」の時代になりました!「令和」は、最初の元号「大化」から数えて248番目にあたります。近年の元号といえば、「明治」「昭和」「平成」など漢字2文字のものが主流です。しかし、過去には漢字4文字の元号もありました。ご存知でしたか?それが「天平感宝」「天平勝宝」「天平宝字」「天平神護」「神護景雲」の5つ。なかなかのインパクトですね。

 さて、今年のGWは10連休となった方も多いのではないでしょうか。「成人の日」や「こどもの日」など『の』が付く祝日は、複数ある候補日のなかから最もふさわしい日を選んで決められた「その日ではなくてもいい祝日」です。
 そのなかでも、決まった日にちではなく、成人の日のように「1月の第2月曜日」と決められている祝日は、移動して連休を作ることも可能になっています。その仕組みを利用して、オリンピックイヤーである2020年は祝日が大移動!本来は10月の第2月曜日である「体育の日(2020年からはスポーツの日に変更)」は、東京五輪開会式である724日へ移動します。同様に、7月第3月曜日の「海の日」は開会式前日の723日へ。また、本来811日の「山の日」は、閉会式翌日の8月10日へ移動します。通勤・通学者を減らして交通規制をしやすくする意図もあるようですね。

2020年はいよいよ東京オリンピックの開幕です。祝日を利用して応援しましょう!!
0514ブログ画像.jpg