名は体を表し、世相を映し出す!

親から子への最初のプレゼントは『名前』です。

我が子の健やかな成長と幸せな人生を願って止まない、親としての最初の責任でもあります。


 先ごろ発表された2018年生まれの「名前ランキング」(明治安田生命調査)によると、

男の子のベスト3は「蓮(れん)」「湊(みなと)」「大翔(ひろと)」、女の子は「結月(ゆづき)」「結愛(ゆあ)」「結菜(ゆいな)」。

ちなみに、平成の30年間で最も人気のあった名前は、男の子が「翔太(しょうた)」、女の子が「美咲(みさき)」。

名づけで重視するポイントは、読み方・音の響きや画数のようですよ。


そういえば、キラキラネームが流行った時期がありましたね。

 “国際社会で通用する名前をつけたい”という親の願いから増えたようです。

さて問題。次の3つの名前は、それぞれ何と読むでしょう? 「迅英翔」・「相錬」・「空路恋」


 一方で、古風な名前が密かなブームだそうです。「〇〇子」や「△男」「××郎」といった、いわゆるシワシワネームが復活。もちろん、活躍した有名人やスポーツ選手の名前はいつの時代も人気です。

 そして、来年には新しい元号にちなんだ名前が、20年になるや五輪ネームがきっと登場してくることでしょう。


いやはや、名前には親の願いや時代背景が凝縮されているんですね。名は体を表すとともに、世相を映し出しているのかもしれません。

けれども、その名前を背負って生きていくのは「子ども」だということを、決して忘れずに!

誰にでも親しまれるステキな名前をつけてあげたいものです。

1225ブログ画像.png

                                   

            問題の正解は、「じぇっと」・「あれん」・「いろは」でした