冬至には

 2018年も残すところ半月あまり。先週末から、急に寒さも厳しくなりました。

 1222日は、太陽の高さが一年中で最も低くなり、昼が一年中で一番短く逆に夜が長くなるという『冬至』、この反対に昼が長く、夜が短いのが『夏至』ですが、

全国の平均的な日照時間を比べてみると

夏至・・・14時間50

冬至・・・ 9時間45

同じ一日でも昼の長さが5時間近くも違ってくるんですね!こんなに違うとはビックリ!


 冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。だいこん、にんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん‥‥かぼちゃを感じで書くと南瓜(なんきん)。

 そのかぼちゃには、体内でビタミンに変化するカロチンが豊富に含まれ、ビタミンAは、肌をツヤツヤにし動脈硬化の予防になるだけでなく、皮膚や粘膜、視力、骨や歯にも効果があるものです。

 運の縁起かつぎだけでなく、栄養たっぷりのかぼちゃを食べて年末を乗り切って、元気に来たる

2019年を迎えたいです。

ブログ画像1212.jpg