「年越しそば」を食べるタイミング

 早いもので今年も残すところ2か月を切りましたね。「平成」が2019430日をもって終わりを迎えるため、今年は平成最後の年越しになります。これからラッシュを迎える「平成最後の〇〇」を大切に過ごしましょう。

 さて、大晦日に紅白歌合戦を見ながら、こたつに入って食べるイメージがある年越しそば。食べ方は各家庭それぞれですが、我が家では毎年家族が集まり「割子そば」か「釜揚げそば」か、各自好きな方を選択し食べています。ネギやのり、もみじおろしなどの薬味に加えて、海老の天ぷらなど縁起の良い具材を贅沢に使います。

 そんな年越しそば、実は年をまたいで食べるのではなく、年を越す前に食べるのが決まりなんです。年をまたいでしまったり、残してしまったりすると、その年は金運に恵まれないとされ、年が明ける前に食べないと縁起が悪いとされています。

 せっかく縁起の良い具材にしても、年内に食べ終わらないと意味がないということですね。

 「平成最後の年越し」新年から運を逃さないよう注意してください。