出張の楽しみ♪

この度の西日本豪雨により、被害を受けられました皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧・復興を願っております。


先週、出張で浜松市に行く機会がありました。浜松市は、人口80万人を超える静岡県第1位の人口をもつ政令指定都市です。市の面積は、約1,558平方キロメートルで、岐阜県高山市に次いで全国2位です(出雲市は約624平方キロメートル)。年間日照時間は、2,195時間で全国5位です(出雲市は1,757時間で624位)。産業は、江戸時代から続く綿織物と製材業をルーツとした地場産業が盛んで、繊維、楽器、輸送用機器の三大産業を中心に、次世代自動車、光・電子技術関連等の高度な技術の集積が進みつつあります。


さて、出張など旅行の楽しみに「ご当地の美味しいものを食べる」という人も多いと思います。浜松の名物と言えば、「浜松餃子」と「浜名湖うなぎ」が有名ですね。もちろん、今回の出張でも「餃子」と「うなぎ」を食べてきました。

毎年、宇都宮餃子と1世帯当たりの餃子購入額日本一を争っている浜松餃子。その特徴は、餃子を円形に並べて焼き、中心に茹でもやしを盛るというスタイル。あんは、キャベツがたっぷり入っていて、とってもヘルシーな感じでした。この円形に並べた餃子。「ご縁」スタイルと言うとか。出雲でも使えるかも。

一方、100年以上の歴史をもつ「うなぎ養殖」の発祥の地である浜松。ふんわりして、とろけるような関東風のうなぎを堪能しました。

7月20日は、土用の丑の日です。最近は、滋養強壮のために「うなぎ」を食べて、胃腸の健康のために「しじみ」を食べるのが定番になりつつあります。

土用の丑の日は、出雲の「うなぎ」と「しじみ」を食べて、暑い夏を乗りきりたいものです。