いつまでも謎のままで・・・

“光秀 本能寺に信長を討つ”

 1582(天正10)年6月2日、天下統一を目前にした織田信長の重臣・明智光秀が謀反を起こし、信長を自害に追い込んだとされる「本能寺の変」。


 あまりにも有名な史実ですが、行政手腕に優れトップクラスの文化人でもあった光秀がなぜ主君を裏切ったのでしょう?

 動機には諸説あります。

 信長に対する怨恨説や、天下を取って代わろうとした野望説、光秀は実行犯で何者かに操られた黒幕説、信長の四国攻めを回避するための決起説などなど。

折しも昨年、室町幕府再興説を裏付ける光秀直筆の書状(原本)が見つかりました。


 歴史ファンとしては新たな史料の発見など今後の展開にワクワク、日本史最大のミステリーの真実が解明されることを願って止みません!


一方で、いつまでも謎のままであってほしいという思いも・・。

『歴史にifがあれば』などとあれこれ妄想を膨らませながら、自分流の謎解きを楽しんでいます。



明智光秀2.jpg