刻々と変化する時代に、私たちは

私が習った歴史が、いつの間にか変わっていました!

たとえば、源頼朝による「鎌倉幕府の成立」は1192年から1185年に。

日本最初の年号でも有名な「大化の改新」は645年から646年に。

(諸説ある中で、これらの解釈は学界の最有力説のようです)

ちなみに、語呂合わせで暗記した「1192(いい国)つくろう鎌倉幕府」

―― 今や「1185(いいハコ)つくろう・・」だとか。

なぜなら、頼朝(武家政権)による実質的な全国支配は征夷大将軍に就いた1192年よりも前、朝廷に守護・地頭の設置を認めさせた1185年にはすでに始まっていた”と考えられるからだそうです。

新たな史料の発見や研究結果の発表で、これまでの定説がひっくりかえるケースはままあるようです。ということは、これからも変わっていく可能性があるのです。

きのうまでの当たり前がそうではなくなるなど、私たちを取りまく環境は予想以上のスピードで目まぐるしく大きく動いています。


刻々と変化する時代に対応できるよう、固定観念や慣例・慣習にとらわれ過ぎず、普段から頭と体を柔らかく!


伝源頼朝.jpg