あらゆる機会に『出雲の全国発信』を!

 「出雲大社平成の大遷宮」を転機に、「尾道松江線」の全線開通や「FDA出雲=名古屋線」の2往復化、「日が沈む聖地出雲」の日本遺産認定などの効果が重なり、出雲のにぎわいは続いています。

  さらに、この17日には「トワイライトエクスプレス瑞風」が運行、加えて、来年度の「山陰デスティネーションキャンペーン」に向けてプレイベントも始まるなど、地域活性化への期待が高まります。

  これらを追い風に、ありとあらゆる機会をとらえて『出雲の全国発信』をたたみかけるとともに、出雲の観光やビジネスが一段と広がりと深みを増すような仕組みづくりが必要です。

  そして私たちも、一人ひとりができる心のこもった“おもてなし”をしっかりと!支援センターも常に全国を見据え、販路開拓やマッチングの強みをフルに活かしつつ、稼ぐ力アップなど高みに挑む企業のため真に役立つセンターをめざします。

DSCF9329.JPG