首都圏食料品市場のトレンド

先日、首都圏で食料品専門スーパー、リカーショップ等の小売店を運営する事業者の方に商品を紹介する機会がありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で「巣ごもり需要」は未だ継続しており、旅行や外食ができない分、少し贅沢なものを購入される方が多いようです。

バイヤーに商品のトレンドを聞いてみました。一部、抜粋してご紹介します。

○「即食」「簡便」「時短」をキーワードとした商品(ミールキット等)。

○「汎用性」のある商品(サラダ・ご飯のトッピング材等)。

○メーカー間で協力し、それぞれの強み(素材・ストーリー・技術等)を活かした商品。


消費者が感じる「おいしい」は大前提にありますが、最近では「環境と人にやさしい商品」が注目を集めており、「SDGs」「安心安全」「素材の本質」にフォーカスを当て、そこに「人の思い」「手間・時間」が加わった商品を取扱うよう心掛けているとのことでした。

出雲には他地域にはない魅力ある素材がたくさんあります。「新商品開発・改良」「販路拡大」等にお困りの方、是非、当センターにお問合せください。

0406ブログ画像.jpg