夕日を眺め、地酒を楽しむ♪

先日、日御碕で開催された2つのコンサートに行ってきました。

ひとつは、9月15日に行われた「日御碕夕日のコンサート」

松江市出身のシンガーソングライター山根万理奈さんや、出雲観光大使のボーカルユニット「X+(えくすと)」さんなどが、それぞれオリジナル曲を「出雲日御碕灯台の構内」に設けたステージで熱唱しました。海に沈む夕日を見ながら感動的なコンサートでした。

もうひとつは、10月13日に行われた「日御碕神社コンサート『夕紅のしらべ』」

出雲市出身のチェロ奏者の春日真菜さん、雅楽 篳篥(ひちりき)奏者の春日るり子さん姉妹と、作編曲者・ピアノ奏者の永井秀和さんが、日御碕神社の拝殿内で素敵な音色を奏でました。

みなさんご存じのとおり、昨年4月に日本遺産に認定された「日の沈む聖地出雲」

稲佐の浜や日御碕には、美しい夕日を見ようと、多くの観光客が訪れています。

そんな中、バラパンで有名ななんぽうパンさんが、夕日をイメージした「夕日のバラパン」の発売を計画中だとか。「日の沈む聖地出雲」を盛り上げるためにも、たくさんの夕日の商品ができるといいな、と思います。

さて、今週土曜日10月20日は、旧大社駅で「出雲の地酒まつり」が開催されます。出雲はもとより、松江、安来、奥出雲、雲南から14の酒造が集い、地酒の試飲販売や、地元ならではの「つまみ」販売があります。もちろんビールや島根ワインもあります。民謡やブラスバンド、しまねっこのステージイベントなど盛りだくさん!レトロな旧大社駅舎に、地酒を味わいに来ませんか!!

夕日イベント.jpg 大社.png 地酒.png


「いずも産業未来博2018」開催!

毎年11月 第1週の週末に出雲ドームで開催される催しと言えば・・・・・


そういずも産業未来博 です!


未来の出雲の産業を担う子どもや学生、またその保護者の皆さんに、地域の企業の魅力を【見て】【触れて】【体感する】ことで知っていただき、将来の雇用の確保や定住につなげるイベントです。

平成15年に「21世紀出雲産業見本市」として始まり、その後「出雲産業フェア」へと名称を変え、述べ15万人を超える来場者と、毎年100以上の出展者に支えられて開催してきました。

昨年、15回目の節目を迎え、培ってきた魅力は残しながら、開催目的・内容をリニューアルして『いずも産業未来博』へと生まれ変わり、《職業体験ブース》《ものづくり体験ワークショップ》《子ども店長》など、【体感する】内容を充実させたところ、2日間で12,600人の方にご来場いただきました。

今年は、22社・団体(昨年の約1割増!)の出展と、【体感する】内容を充実させて開催しますので、ご期待ください!


詳しい内容は、〔ホームページ〕または〔10月21日(日)朝刊 折込チラシ〕をご確認ください。皆さまのご来場、お待ちしています!


1009.jpg

イグ・ノーベル賞

○食べ物を落とした時の5秒ルールは本当か

○黒板をひっかく音が嫌な理由

○キツツキが頭痛にならないワケ


 突然ですが、これらは夏休みの自由研究ではありません。

イグ・ノーベル賞」という、「裏のノーベル賞」で受賞した研究内容です。

人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に与えられ、実は日本人が12年連続で受賞している賞です。


ちょうど東京に行く機会があったので、東京ドームシティで開催されている「イグ・ノーベル賞の世界展」に行くことができました。

中に入ると、なぜか「紙ヒコーキ」の模型がたくさん・・

どうやら、授賞式会場では観衆全員が紙飛行機を作り、舞台に立った的(人)にめがけて投げるのが通例とのこと。

受賞者の旅費・滞在費は自己負担で、スピーチでは「笑いをとること」が要求されます。


さらに、スピーチの持ち時間を超えると、8歳の女の子がステージ上に現れて「長い!飽きた!」と、スピーチしている人に向かって罵声をとばします。

“研究者にそんなことしていいの?!”と、なんだかこちらがハラハラしてしまいますが、これがまさにイグ・ノーベル賞。


はたから見ると「おバカだな~」と思われる事も、突き詰めて研究すると人類の財産になるのですね。

何気なく普段疑問に思っている事こそ、イグ・ノーベル賞のタネなのかもしれません。

イグ・ノーベル.png