がんばる出雲のお店 創業者情報

出雲市、出雲産業支援センターでは、地域の創業を促進させるため、創業支援事業者(商工団体、金融機関、支援機関等)と連携し、相談窓口の設置、セミナーの開催等により、創業希望者の支援を行っており、毎年多くの創業者が誕生しています。

この創業支援事業を受けて創業した、がんばる出雲のお店をご紹介します。


Balloon Shop EN(バルショップ イーエヌ) 2017年 創業

 新しい画像 (14).png

 大社町の住宅街の一角で営業しているバル―ショップ。

 ウェディング、誕生日、出産祝い、イベントなど、贈る人の大切な想いを乗せ、贈られる人がきっと喜ぶバルーンを一つ一つ丁寧に作っています。

 (ホームページはこちら


 【注目情報】13回 バルーンフォト撮影会2021418() 10:0015:00

  地元企業(スタジオフォトワークス、香具礼)とコラボレーションして開催する、プロカメラマンによる赤ちゃん撮影イベントです。

  (詳しくはホームページをご確認ください。)


そば処・喜多縁(きたえん) 2015年 創業、2020年 移転

 新しい画像 (15).png

 2019年10月に平田町へ移転オープンした人気のそば店。

 定番の割子そば、釜揚げそばに加え、鴨南蛮そば、生湯葉そばが人気メニュー。

 また、そば出汁からつくるタレが絶品の天丼・チャーシュー丼もリピーター続出。

 (ホームページはこちら


 【注目情報】お持ち帰り(テイクアウト)

  喜多縁では、そばや丼のお持ち帰り(テイクアウト)が出来ます。(前日までの予約)

  ご自宅でお店の味を楽しんでみてはいかがしょうか。

  (詳しくはホームページをご確認ください。)

首都圏食料品市場のトレンド

先日、首都圏で食料品専門スーパー、リカーショップ等の小売店を運営する事業者の方に商品を紹介する機会がありました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で「巣ごもり需要」は未だ継続しており、旅行や外食ができない分、少し贅沢なものを購入される方が多いようです。

バイヤーに商品のトレンドを聞いてみました。一部、抜粋してご紹介します。

○「即食」「簡便」「時短」をキーワードとした商品(ミールキット等)。

○「汎用性」のある商品(サラダ・ご飯のトッピング材等)。

○メーカー間で協力し、それぞれの強み(素材・ストーリー・技術等)を活かした商品。


消費者が感じる「おいしい」は大前提にありますが、最近では「環境と人にやさしい商品」が注目を集めており、「SDGs」「安心安全」「素材の本質」にフォーカスを当て、そこに「人の思い」「手間・時間」が加わった商品を取扱うよう心掛けているとのことでした。

出雲には他地域にはない魅力ある素材がたくさんあります。「新商品開発・改良」「販路拡大」等にお困りの方、是非、当センターにお問合せください。

0406ブログ画像.jpg

80年に感謝!宇迦橋ありがとうフェスティバル♪いよいよフィナーレ

みなさん、神門通りにある日本一立派な大鳥居をご存じですよね。


この大鳥居のたもとにある「宇迦橋」は、国鉄大社線大社駅の開業に伴い、出雲大社へ向かう神門通りの入口として整備されました。

現在の宇迦橋は、昭和12年に架橋されてから80年以上が経過し、老朽化が進んでいるため、令和3年より撤去工事が始まり、新しい宇迦橋に架け替えられます。


これまで、多くの地元の人や観光客に親しまれてきた宇迦橋への感謝の気持ちを込めて、3月14日から4月4日までの毎週の土日にさまざまなイベントを開催してきました。

いよいよ今度の土日(4月3日・4日)がフィナーレです。


4月3日(土)18時から20時は、ナイトフェスタとして、巨大うさぎバルーンのライトアップ、行灯、音楽イベントを開催します。

4月4日(日)は、地元中高生の吹奏楽や合唱、出雲神楽の上演、和太鼓、和楽器の演奏、出店など楽しいイベント盛りだくさんです。

また、宇迦橋の真ん中で大鳥居の写真が撮れるまたとない機会です。

是非、お越しください。

ブログ画像3.jpg ブログ画像2.jpg ブログ画像1.jpg