創業セミナー

新たな年も半月過ぎ、厳しい寒さが続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

年の初めにあたり、「目標」や「夢」、「新たなことへのチャレンジ」など、『決意』を新たにされた方も多い事と思います。


今回は、「目標」や「夢」の一つに掲げる方も多いと思われる『創業』について、セミナーをご紹介します。


「自分の好きな事、得意な事を仕事にしたい!」「自分のやりたいように、もっと自由に働きたい!」など、働く方の多くが一度は夢見たはず・・・。

こんな夢を叶える方法のひとつに『創業』があります。


当センターでは、出雲市や創業支援機関と連携して、『創業』の夢を実現していただくお手伝いとして、『創業セミナー』を310日(土)に開催します。

「創業とは?」「創業に向けて必要な事」など、ワークショップを交え、楽しく、分かりやすく、創業を考えはじめの方でも無理なく学べる内容です。


詳しくはチラシをご確認いただき、チラシ裏面の受講申込書によりお申込ください。

(チラシはこちらよりダウンロード)


「新たな事に挑戦したい方」「今年こそ!とお考え中方」まずは『出雲で始める。創業への第一歩 創業セミナー』に参加してみませんか?

たくさんのご参加をお待ちしています。創業セミナー ロゴ.JPG

続きを読む

あけまして おめでとうございます

あけましておめでとうございます。

みなさん、初詣には行かれましたか?

私は家族揃って日吉神社へお参りしてきました。

昨年のおみくじは大吉だったので、今年も大吉!との願いを込めましたが残念ながら中吉。

という事で、これからも日々精進します・・・

昨年の5月からこちらでお世話になり、もうあっという間に2018年。

旧年中はたくさんの方々にお世話になり、 新しい出会いもたくさんありました。

良くも悪くもいろいろなことがあった2017年。

この年齢になっても、仕事やプライベイトでまだまだ初体験が出来るなんて、戸惑いや葛藤は多々ありますが、幸せなことだと思っています。

本年も、企業の皆様が活用出来る情報を精一杯発信していきますので、何卒よろしくお願いいたします。


初詣.png

出雲市の柿

「柿」で有名な出雲市平田。

昭和28年頃から久多美地区で栽培が始まりました。干し柿と言えば東出雲の畑地区が有名ですが、平田の柿と言えば「あんぽ柿」やスイートパーシモンといった半熟の味覚ではないでしょうか?


柿農家が収穫する際に、枝の先端に実を一つだけ残すのをご存知ですか?「木守柿(こもりかき)」と言って来年の豊作を願い一つだけ実を残すのだそうです。

逆に、実を太らせるために摘果(間引き)される柿もあります。昔はそうした実から作った「柿渋」が生活の様々なシーンで使われていました。

古い佇まいを残す「木綿街道」では、防虫・防腐効果のある柿渋を板壁や格子に塗るイベントを毎年開催していますが、初めて経験するあの匂いは相当インパクトがあると思います。

食べるだけじゃない。柿の魅力、皆さんも探してみて下さい。